投資用不動産、投資用ワンルームマンションなど、マンション経営ならヴェリタス・インベストメント

お問い合わせ
賃貸管理

STAFF INTARVIEW

事業紹介一覧に戻る

− 仕事内容は?

木島: オーナー様が所有する物件の賃貸管理が主な業務になります。
オーナー様向けの業務としては、毎月の賃料送金、年間の賃料送金に関する明細送付、賃貸管理形態によっては入居者募集賃料の検討や募集条件の選定・提案などがあります。
 賃貸入居者様向けの業務は入居者募集、賃貸借契約の締結、退去精算、退去後のクリーニング・補修工事手配などがあり、入居者様や仲介会社様からのお問い合わせ対応などもあります。

賃貸管理

− 1日の仕事の流れを教えて下さい。

鈴木: 午前中は、取引業者様からのメールチェックやお客様情報の入力、書類作成など事務作業中心に行っております。午後は、入居者様が退去した物件の現況確認やクリーニングチェック、新規入居者様のために鍵交換をするなど、色々な物件に足を運んでおります。

− 仕事の魅力、醍醐味を教えて下さい。

木島: お客様から「ありがとう」の一言をいただける事です。オーナー様、入居者様、取引会社様など様々な方と関わり仕事をしています。オーナー様からお預かりしているお部屋の借り手がついた時や、入居者様のご要望に応えられた時など、感謝の言葉をいただけた時は嬉しく思います。
 また、物件募集の際に募集条件や図面作成など表現一つで問い合わせ件数が増え、借り手がついた時は面白さを感じます。

鈴木: 自分でクリーニングや補修工事の手配をし、完工チェック、鍵交換の終わった物件へ新しい入居者様が入居していただいた時は、自分の仕事でお客様が納得してくれたのだと大きな達成感を感じます。

賃貸管理

− 仕事の難しさ、厳しさを教えて下さい。失敗談などはありますか?

木島: 私の部署は、業務の幅が広く期日の決まっているものが多くあります。限られた時間の中で優先順位を考え、ミスなく業務を行うのは集中力が必要でとても大変です。

鈴木: 日々の業務の中で特に気を付けなければならない所はお金の部分です。ミスが許されないというプレッシャーの中でお金を扱う業務を行っている時が一番厳しさを感じる瞬間です。しかし、オーナー様から大切な物件を任せていただいているという自覚を持ち、日々の業務に励んでおります。

− 部署としての目標や課題などはありますか?

木島: オーナー様、入居者様の窓口となる部署なので、お客様と関わるなかで安心や喜びを多く提供できたらと思っています。
  オーナー様に対しては、空室期間をできるだけ短くし、資産価値を落とさぬよう努力する。入居者様には、「住み続けたい」を思っていただけるように、要望にきちんと耳をかたむけ対応する。その中で、ヴェリタス管理で良かったと信頼していただけるようになっていきたいです。

− 個人としての目標や課題などもありますよね?

木島: 後輩社員ができたので、共に成長し社内からも信頼してもらえる部署にしていきたいです。人に教えることで、自分の足りない面に気付かされ、物事を客観的にみることができるようになりました。足りない面を成長させ、仕事の幅を広げ、後輩からも社内でも頼れる存在になれるよう今まで以上に責任をもって仕事に取り組んでいきたいです。

鈴木: いち早くオーナー様、入居者様から信頼して頂ける人材になることです。オーナー様、入居者様の要望に即座に対応出来るようになればお客様の満足度を高める1つの要因になると考えております。

賃貸管理
STAFF INTERVIEW
仕入

仕入
前田 智彦

丸山

建築
丸山 芳男

販売

販売
工藤 貴裕
幸丸 理恵

建物管理

建物管理
本間 謙一郎

賃貸管理

賃貸管理
木島 梓
鈴木 崚平

ページトップへ